生物多様性プロジェクトについて

「生物多様性研究・教育プロジェクト(生物多様性プロジェクト)」では、環境の保全という側面から荒廃が進んでいる里山や里海の現状を把握するための基礎的研究を行うこと、里山と里海の利用に関する教育プログラムを作成し実践を行うことにより、里山・里海の復興に寄与することを目的としています。

新着情報


2023年2月5日
NEW! 生物多様性研究・教育プロジェクト Internet Photo-Exhibition of Wild Animals(インターネット野生生物写真展) 2023–No. 4: 行動開始(西表島・祖納と赤離のサンゴ礁原)

2023年2月5日
NEW! 生物多様性研究・教育プロジェクト Internet Photo-Exhibition of Wild Animals(インターネット野生生物写真展) 2023–No. 3: 左目でファインダーを覗く。

2023年1月23日
生物多様性研究・教育プロジェクト Internet Photo-Exhibition of Wild Animals(インターネット野生生物写真展) 2023–No. 2: SONY RX10Ⅲで見た里山の風景

2023年1月23日
生物多様性研究教育プロジェクト・リサーチレポート 四季折々の自然の風景と野鳥 No. 2:日本人は権威者の言うことを簡単に信じ過ぎると思う。 ルリビタキ(Tarsiger cyanurus)の英語名Red-flanked Bluetailを例にして

2023年1月23日
生物多様性研究・教育プロジェクト・リサーチレポート 攻撃と防御の十脚甲殻類 2023–No. 3 土佐市内の雪景色 

2023年1月23日
生物多様性研究・教育プロジェクト Internet Photo-exhibition of wild animals(インターネット野生生物写真展) 2023–No. 1 熟した柿の実を食べる小鳥たち(エナガ)

2023年1月10日
生物多様性研究教育プロジェクト・リサーチレポート 攻撃と防御の十脚甲殻類 2023–No. 2(年末の四十曲峠越え)

2023年1月10日
生物多様性研究・教育プロジェクト・リサーチレポート 四季折々の自然の風景と野鳥 2023–No. 1:地衣類が付着したウメの枝にとまるミヤマホオジロ

2023年1月6日
生物多様性研究教育プロジェクト・リサーチレポート 攻撃と防御の十脚甲殻類,令和5年(2023)No. 1 ホイッタカーの5界説は生物圏をうまく整理できたのか?

2022年12月18日
令和4年(2022)ブッポウソウ情報 No 37:生態学研究の落とし穴